動画素材とコーデック

動画素材を扱うようになるとコーデックという言葉が出てくる事になる事もあるので注意をしましょう。コーデックというのは圧縮や伸長という意味で、動画はデータが膨大なものとなるので転送をする時やバックアップ時には圧縮をしておいて、実際に使用をする時に解凍をして使用するという事が頻繁に行われているという事があるという事です。ですから、動画素材のようなものを扱う場合でもデータ量が多くなれば圧縮されたデータを送受信するような事もありますから、この事については知っておいた方が良いでしょう。時にはコーデックエラーというようなものが表示されることもありますから、意味が分かっていれば、何が起きたのか問う事の想像も出来ますが、分からなければ当然対策の使用も無いという事で、ネットで意味を調べてそれから対策をするという事をしなければならない事もよくあります。

動画素材を扱っているところの大きくは出来るだけデータサイズを小さくしたいと考えるので、データの保管をする時には圧縮をした状態で保管をしておいて使うという時だけ解凍をして使用後にはまた元に戻すという事をするのが一般的です。圧縮方法にさまざまなソフトがあって、それぞれが独自の方法で圧縮をしていると考えても良いでしょう。というのは、解凍する時には圧縮方法にマッチした解凍方法でなければ解凍することが出来ないので、これが出来るものを持っていなければ、その動画素材を使う事は出来ないことになってしまうからです。そのためコーデックという事の知識も必要になるというわけで、その圧縮方法であれば、これでよい、あれでよいと言も考えられるようになります。動画は写真よりもはるかに大きなデータとなる事がほとんどで、静止画を大量に集めたものが動画だという事が理解できていると、その大切さというモノが分かってくるようになるはずです。動画を作るようになるとハードディスクの管理も問われることも少なくはありません。